初心者レベルから抜け出すサーフィンの練習方法

サーフィンの初心者レベルを抜け出す練習方法

パドリングが遅い、なかなか波に乗れない

 そういった悩みを持つ初心者に特化した

初心者レベルを抜け出す練習方法があります


 毎日毎日、海にいけるわけではないから、
 体で覚えようとしても、なかなか上達しない・・・

 今、あなたはそう思われているかも知れません

 10代前半のころまでは、自然に体で覚えられる感覚が研ぎ澄まされています
 無理なく毎日海に行っていなくても、短期間でサーフボードを操れるようになるでしょう

 しかし、20代や20代からの体は、いろいろな経験から、理屈で物事を考えてしまい、
 筋肉が硬くなり、体で覚えようにもなかなか上達しません

 でも、

 「ビギナーレベルを脱出する順序」さえ知っていれば、海での本番では、
 苦手だったことが楽に克服でき、短期間で上達するようになるのです


   サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン小川直久 監修】


パドリングが速くなるのに必要なこと

腕力さえつければ、パドリングも早くなり、
テイクオフも上手くなると思っていませんか?


 サーフィンのパドリングは、「パドルに始まりパドルに終わる」という言葉あるほど、
 とても重要なポイントです

 一般的に考えられるのが、
 「パドルが速くなる」=「腕の力をつける」=「腕の筋トレ」ということです

 では、腕の筋力をつけるために、鉄アレイをつかって腕を太くしたり、
 一般的な腕立て伏せをすれば、パドルは速くなり、
 上手いサーファーと同じように、スイスイ波をとらえることができるようになるでしょうか?

 たしかに体を上手く使えるための腕の力と持久力は必要です
 そのための特殊な筋トレ法もあります

 しかし、パドルが速くなるにはもっと必要なことがあります

 それは、上手く波をとらえるコツです


   サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン小川直久 監修】


初心者レベルから抜け出すサーフィンの練習方法